学者とマスコミはグルで頭脳支配

河野大臣の以下の発言は記憶に新しい。
「ありとあらゆるワクチンが出ると、『打つと不妊になる』という話になるが、全部デマだ」

事実追求もせずにデマと言い切る、政治家、学者が言うことを黙って聞けという態度が全身に表出している。河野大臣が首相を首相にしては日本が危ない。また、引用にある論文リンク など危険性を示す資料は多くある。それを隠蔽するマスコミも同罪。

リンク より引用です。
-----------------------
裸の大臣
河野大臣、これもデマでしょうか?→BNT162b2による日本人女性の有害事象の可能性リンク
---------------------------------------------------------------
河野太郎規制改革担当相は20日の日本テレビ番組で、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、「ありとあらゆるワクチンが出ると、『打つと不妊になる』という話になるが、全部デマだ」と明言した。その上で「科学的にそういうことはないという説明をきちんとやっていかなければならない」と強調した。(ワクチン不妊は「デマ」 河野担当相 時事ドットコム 2021年06月20日11時44分)
---------------------------------------------------------------
河野大臣のおっしゃったことは以下の理由によりデマです。
1.そもそも妊孕性への影響を検証する研究は実行はおろか計画もされていない。
2.そもそもワクチン接種が始まったのは4月半ばなのだから、6月20日の時点でワクチンの妊孕性への影響を云々できるはずがない。そんなことは小学生でもわかることです。
3.そもそもワクチンの妊孕性への悪影響があることは(運がよければ)証明できるが、ないことは(決して)証明できない。

-----------------------
(引用おわり)


孫市 ( 44 宮城 会社員 ) 
   にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

感染者数が増大し、次々と緊急事態宣言が拡大しているが、予てから言われているように、PCR検査自体の信憑性にも改めて目を向けるべき。

報道などでは大々的には取り上げられないが、アメリカのCDCはPCR検査を推奨しないというガイドラインを発表し、PCR検査をコロナの検査に用いる事を年内には終了する。根拠が定かでないことをもっと重く捉えても良いと思うのだが。

人力でGO『PCR検査を中止する国々』よりリンク
────────────────────────────────
■ covid-19は存在する ■
陰謀論者の中には、未だに「新型コロナウイルスは存在しない」と主張する方も居る。しかし、アメリカの昨年1月から10月の超過死亡は30万人程度で、その2/3は新型コロナウイルスによる死者とされています。

アメリカはPCR検査のCt値40としていましたが、これは多くの擬陽性を生むとしてファウチ教授ですらCt値35を推奨していました。NYタイムスの記事によると、Ct値40で陽性と判断された人の50%はCt値35で陰性となり、Ct値30回では90%が陰性となります。

マサチューセッツ州、ミューヨーク州、ネバダ州の政府と専門家の調査によると「Ct値40で陽性とされた人の90%はウイルスを保有していなかった」という結果が出ています。

アメリカを始め日本でも死亡した人がPCR検査が陽性であれば「コロナ死」として報告されます。しかしアメリカや日本が昨年まで採用していたCt値40のPCR検査では、「コロナ死」の90%が実際には新型コロナウイルスに感染していなかった可能性も有ります。

これをして「新型コロナウイルスは存在しない」と結論付けるのは早計で、実際に欧米諸国では新型コロナウイルスの感染症状の患者は大勢存在したし、超過死亡も大幅に上昇しています。

■ 今年末でPCR検査を中止するアメリカ ■
PCR検査が擬陽性を量産する問題点はCDCも充分理解しており、「Ct値は35以下が適当」とか「PCR検査は補助的に使うべき」などのコメントを発表していました。しかし、7月21位にCDCは新型コロナウイルスの検査にPCR検査を用いる事を年内で終了すると発表しています。

米疾病管理予防センター(CDC)は7月21日、新型コロナウイルス(中共ウイルス)について、「PCR検査を推奨しない」とする新たなガイドラインを発表した。今後は新型コロナウイルスとインフルエンザを区別できる「マルチプレックスアッセイ」という検査法を推奨するとしている。

新たな検査法「マルチプレックスアッセイ」について、感染症の急性期にある人から採取した「上気道または下気道の検体から、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)、インフルエンザウイルスA型、B型のRNAを検出し、識別できる」と説明している。

■ マルチブレックアッセイとは抗体検査方法の一種 ■
マルチブレックアッセイという検査によって、感染症の急性期にある人から採取した「上気道または下気道の検体から、SARS-CoV-2(新型コロナウイルス)、インフルエンザウイルスA型、B型のRNAを検出し、識別できる」とCDCは発表しています。

マルチブレック・アッセイ法とは磁気ピースに特定の抗体やウイルスのRNAを吸着させる測定方法の様で、高感度で正確な測定が可能な様です。

昨年は新型コロナウイルスが優勢でしたのでインフルエンザは抑制されていましたが、今後、再びインフルエンザの感染が広がった場合、現在のPCR検査では、擬陽性を量産する事でインフルエンザの患者を新型コロナの患者と間違えるケースが多発する可能性が高い。

そこで、CDCはインフルエンザも同時検査が可能なマルチブレックアッセイという検査方法に切り替えるのでしょう。 にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

YAHOO!ニュースより転載です
リンク

長尾和弘医師の提言に賛同の声 コロナを5類扱いにすれば「全て氷解」「イベルメクチンという特効薬が…これを全国民に配る」
8/10(火) 16:32配信
------------------------------
 フジテレビ系の情報番組「バイキングMORE」は10日、新型コロナウイルスによる医療逼迫(ひっぱく)を防ぐため、専門家の提言を紹介した。この中で長尾クリニック院長の長尾和弘医師が感染症法上の分類を引き下げるよう訴えると、ツイッターなどには賛同する発言があふれ、「バイキング」がトレンドワード入りした。

 長尾院長は現在、2類相当に分類されるコロナを季節性インフルエンザと同じ、5類扱いにするよう提言。引き下げにより、「開業医による早期診断・即治療が可能=重症化予防」「すぐに入院が必要な人は開業医が直接依頼=タイムラグなし」「濃厚接触者の健康観察、入院先の割り振りが不要に=保健所崩壊解消」と、3つのメリットを挙げ、「5類にすれば全て氷解する。24時間医師と直接話せる体制、重症化リスクの高い人はドクターtoドクターで直接話せるような体制を構築することが大事」と解説した。

 また「イベルメクチンという特効薬があって、誰でも使える。疥癬(かいせん)の治療で普段使ってる薬。これを全国民に配る」と話し、「アベノマスク」に匹敵する「スガノメクチン」制度も提案した。

 その上で長尾院長は「僕が言ってることが間違ってたら、僕は責任取って医者辞めます」と強い覚悟をにじませ、「1年半やってきて確信してる。今のやり方はわざわざ重症化するのを待っているようにしか見えない。早く治療すればそれで終わり。私が診てる人は1人も死んでない。最初にコンタクトした医者がちゃんとやるには法改正、5類落としが大前提。今やるべきだと思います」と締めくくった。

 これに火曜レギュラーのブラックマヨネーズ、小杉竜一(48)も「メリットしか感じない」と同意。ツイッターでも「ようやく動き出した『イベルメクチン』の話題。今日のバイキングで、長尾医師が医師生命をかけて断言。素晴らしい!スガノメクチン、一日も早く」「長尾先生はサムライですね」「万が一、コロナにかかったら長尾先生のところに行きたい」と意見が相次いだ。
------------------------------
(転載おわり)




孫市 にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

このページのトップヘ