学者とマスコミが人類を破滅に導く

知りたい情報を報道しない大マスコミ

mag2ニュ-スより以下引用です
リンク
・厳格な管理を貫いてきた日本の原発。なぜ福島原発事故から一転したのか
日本人は真面目で信頼できる民族でした。だからこそ国も繁栄し、国際的にも好感を持たれています。でも時折、日本人はびっくりした時に腰が砕けて、あらぬ方向に行ってしまいます。その一つが福島原発事故でした。

事故の前までは、日本人は原子力に対して冷静で、原発もしっかり作り、管理も世界に誇る状態でした。軽水炉という比較的安全な炉を選択し、技術者も真面目に安定した運転をしていました。社会的にも、一般人の被ばく限度(1年1ミリシーベルト以下)、放射性物質の管理(誰もが知っているマーク)も世界に誇るべき状態だったのです。

このように原発や被爆に対して、日本人は慎重だったので、テレビや新聞も被ばく量が1年1ミリ以下にならなくても、ちょっとした放射性物質の漏洩事故を大々的に報じていましたし、「基準より低ければ安全というわけではない!」と言っていました。また、電力会社も「従業員の被ばく量は1年20ミリ以下と決まっているが、安全を見て1年1ミリ程度に抑える」として、現実に被ばく量を減らしてきました。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

 核兵器が持つ恐ろしさと愚かさはいまさら語るまでもないだろう。しかし、1950年代の米国では、核兵器とはミスコンを伴う観光ショーのネタであった。

優勝者には「ミス核爆発」「ミス放射能」「ミス核爆弾」という称号が冠され、衣装は核爆発を象徴するキノコ雲型。日本人が見れば、これほどおぞましい写真は無い。

翻って現在、こうしたプロパガンダが行われていないと断言できる人はいるだろうか?

マスコミが芸能ネタと大本営発表しか扱えず、学校では徹底した暗記教育で思考力が奪われていく中、プロパガンダが支配する基盤は強固になっている。われわれは1950年代の米国人を嗤えない。


以下、スプートニク日本より(リンク)

──────────────────────────────
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

現発事故から7年経過し、私たち人類がどの程度被爆しているのか?どんな影響がでているのか?少し遠くの課題になりつつある。
ただ、自然界は明らかに被爆の結果の変異が起きているようだ。
--------------------------------
被曝ニホンザルは警告する
リンク

リンク
以下抜粋
2011年の東京電力福島第一原発事故の取材を進める中で、私は記者として事故原因の究明とともに、放射能の健康被害に向き合うことを余儀なくされた。人間への直接的な健康影響もさることながら、生態系への影響が懸念された。日本列島は長期にわたり、取り返しのつかない放射能汚染に晒されてしまったからである。
そんな時に出会った研究のひとつが、日本獣医生命科学大学羽山伸一教授のニホンザルに関する一連の論文だ。2017年に番組制作のために一度取材したが、今回改めて研究室を訪れた。
その羽山教授がサルの研究を始めたきっかけの一つが、「奇形ザルは訴える」だったことを知り、巡り合わせを感じた。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

このページのトップヘ