学者とマスコミが人類を破滅に導く

すい臓、糖尿病、肺がんが急増し、それは生活習慣・食生活の問題だとされているが、合理的に説明できる根拠は無い。それに対して、下記の統計からの状況判断は、かなり整合している。

そうすると、人体に悪影響を及ぼしてきた人工物質のうち、最大原因は放射性物質であり、金儲けのためにこの物質を放出する集団が、タバコ害悪説などの偽情報を流し、真の原因を隠蔽している可能性がたかい。

////////////////////////////////////////////////////

日本人の膵臓がんは戦後12倍。核実験と膵臓の病気はシンクロしている
(リンク)より引用

アーネスト・スターングラス(Ernest Joachim Sternglass)という著名なアメリカの物理学者が、今年の2月、91歳で亡くなりました。冷戦時代の核実験によって世界中に降り注がれた放射性降下物と、原発から出て来る放射性廃棄物による人体への健康被害について、広範な疫学調査を行い、議会の公聴会に証人としても呼ばれた学者です。
《中略》
そのスターングラス博士が、2006年の2月、初来日し、青森県の六ヶ所村の核再処理施設を視察した後、青森市で講演を行いました。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

続きです
引用
////////////////////////////////////////////////////

【スライド17】
同様に東北大学のデータです。これはアメリカ(非白人)と日本の男性のガン死亡率を比べたものです。
1920年から1945年まで、この間、喫煙率や化学物質の量が増加し、また石油、ガス、石炭の消費量増加による大気汚染も増加しているにもかかわらず、日本ではほとんどガンの増加はありません。非常に重要なのは、このことを理解しないと放射能を理解することができません。

1945年以降、ガンによる死亡率が急に上昇し、1962年にまでに42%増加します。それ以前に、アメリカと日本で少し減少したところがありますが、これは核実験を一時停止した時期です。これらは核降下物の低レベル放射線が原因であることの強力な証拠です。しかし、政府は、その量があまりにも低すぎて検出できないと主張しています。

【スライド18】

これは1970年以降の日本の原子力エネルギー生産量を示したものです。一時増加が止まった時期もありますが、最近では急激に上昇しています。これは原子炉の稼働率をなるべく上げるようにしているからです。アメリカも同じです。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

表題の記事が「ようさんの日記」にありました。虎ノ門ニュース武田通信よりの引用です。
これを読むと、タバコは有害って、事実とは無縁の世界にあるようです・・・。
引用させて頂きます。
リンク
以下引用
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
武田さん「禁煙学会というのをまずやめてくれ。禁煙というのは方向性を言っている。タバコが人体に及ぼす影響の研究グループならかまわない。学術が方向性を持ってはいけない。

タバコは頭を整理するのに大切だ。タバコを吸えば肺疾患になるのも事実だ。40くらいまでタバコを吸ってきて、突然やめろと言われてやめた人が心理的ストレスでおかしくなったという人もいる。

人に迷惑が掛からない限りは趣向は大切にした方がいい。タバコは人類にどうなのか。お酒と同じようにタバコに強い人もいれば弱い人もいる。

タバコ産業の助成を受けた論文はNO。しかし禁煙の論文の多くは厚生労働省などから金をもらっている。国立がんセンターの研究も全部そう。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

このページのトップヘ