学者とマスコミが人類を破滅に導く

現代栄養学の基礎フォイト栄養学が根本的に間違っている
リンクより
____________________________
「食べ間違い」の元凶、フォイト栄養学の大罪
◎「2.5倍肉を食え!」狂気の栄養学
いつから人類は、誤った食事の道を選んでしまったのでしょう?
これら”食べ間違い”の最大原因は、近代栄養学にあります。そのルーツは、ドイツのフォイト栄養学にたどりつきます。ミュンヘン大学(生理学)に45年も君臨したV・フォイト博士。彼は成人一日当たり必要タンパク量は48グラムと知っていながら、2.5倍も膨らまして「118グラム摂れ!」とドイツ国民に命じたのです。
 フォイトの栄養学”理論”は、今からみると驚天動地の内容です。彼はこう公言しています。「もっとも優れた栄養素は、タンパク質である。炭水化物は栄養価が乏しいので摂るべきではない。」さらに仰天は「タンパク質でもっとも優れているのは動物タンパクの”肉”である。植物タンパクは劣等である。つまり「肉こそ最高の栄養源である」と肉食を礼賛したのです。彼の唱えた「タンパク質を摂れ!」とは「肉を食え!」と同義だったのです。それも必要量の2.5倍も食え!とドイツ国民に勧告しました。
 彼は平然とこう言い放っています。「良い物は、摂り過ぎるということはない」。
 これが同栄養学の骨子です。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

その2~栄養学も医学も物理学もコッケイな”狂育
リンク より
______________________________
◎栄養学も医学もコッケイな”狂育”
 エセ栄養学者フォイトには、忠実な弟子たちがいました。
 その一人、アトウォーターはアメリカに渡り、師の教えを伝導したのです。彼はアメリカ農務省に働きかけ、国立栄養問題研究所を設立させ、みずから初代の所長に就任しています。そして「アメリカ人は一日126グラム、タンパク質(肉)を摂取せよ」とご託宣を下しているのです。師匠の教えより、さらに”増量”しています。これらが近代栄養学として学生たちの頭に叩き込まれ、アメリカ人の”常識”と化していったのです。それらは欧米の植民地政策に乗って、全世界に広まり、ついには現代人の”常識”となってしまったのです。日本人でも肉など動物タンパクは優良タンパク質だと信じきっている人は、じつに多い。それも無理はありません。世界中の人類が、こうして”洗脳”されたわけですから・・・。

 後世の学者はフォイト栄養学を痛烈にこう批判しています。
 「フォイト栄養学は、科学的、医学的、統計的な検証を一切、経ていない。強いて言うなら、それはフォイトの空想にすぎない」
 別の言い方をすれば、それは”妄想”です。一学者の”妄想”が、近代を経て”現代栄養学”の中枢にいまだ居座っているのです。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

約3カ月毎に調査している福島県民調査報告書によると、2017年6月5日に公表された福島県の小児甲状腺がん及び疑いの子供達は、3か月前…前回の184人から6人増えて合計190人になった。

近3年の増加推移をみると、

2014年05月:89人
2014年08月:103人(14人増)
2014年12月:112人(9人増)
2015年02月:117人(5人増)
2015年05月:126人(9人増)
2015年08月:137人(11人増)
2015年11月:151人(14人増)
2016年02月:163人(12人増)
2016年06月:172人(9人増)
2016年09月:174人(2人増)
2017年12月:183人(9人増)
2017年02月:184人(1人増)
2017年06月:190人(6人増)
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

このページのトップヘ