学者とマスコミが人類を破滅に導く

ロシアの気象機関・水文気象環境監視局が、同国内の放射線環境に関する報告を公開しました。同報告により、2017年9月25日から10月1日までの期間で放射性核種ルテニウム106(106Ru)のβ線レベルの上昇が南ウラル地方の全ての観測地点で記録されていたことが明らかとなった模様です。

実は、同時期に欧州各国でこの話題は頻出していました。
→リンク
→リンク

実態と背景はどのようになっているのか?気になる話題です。

(以下、リンクより引用)

ルテニウム106の放射性降下物は9月26日と27日にタタルスタンで、同27日と28日にはヴォルゴグラードとロストフ・ナ・ドヌで、10月2日から6日にかけてはサンクトペテルブルクでそれぞれ認められた。9月末には大気中のルテニウム濃度に関する情報がヨーロッパからも発信された。まずドイツ連邦放射線保護局が5箇所の地点でルテニウムを確認した。但し同局専門員らは、濃度はごく僅かで人体の健康に影響をもたらすものではないとし、今回検出されたルテニウム106のレベル上昇の原因は原子力発電所事故によるものではないとの見方を示した。フランスの専門家らは、放射性物質の漏洩はロシアのウラル地方或いはカザフスタン共和国が発生源と推測していた。
ロシア水文気象環境監視局地勢センター責任者のユーリィ・ヴァラキン氏は「スプートニク」のインタビューに対し、本件報告の公開が遅れた理由は、各観測地点からのデータ到達にばらつきがあり、その後分析にかけ、確認と再確認の作業を経ていたからだと説明する。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

表題の記事が『In Deep』に掲載されています。
CO2による地球温暖化がいかに嘘か。まだマスコミは信じて疑わないのでしょうか?
引用させて頂きます。
リンク
(以下、途中から引用)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「 2016年の二酸化炭素(CO2)排出量が過去最高になった」と「世界で一斉に」報じられていたことがありました。たとえば、以下のようなタイトルの報道です。

・2016年の地球、気温・CO2量・海面高が過去最高に 年次報告書(AFP 2017/08/11)

あるいは、下の報道のように、もっとものすごいタイトルのものありました。

【CO2濃度、過去80万年の最高記録を更新(CNN 2017/10/31)】
世界気象機関(WMO)はこのほど、地球温暖化の原因とされる大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が昨年、過去80万年の最高記録を更新したと発表した。
WMOは原因として人間活動と、東太平洋の海水温が上昇する「エルニーニョ現象」の影響を挙げ、「ここ70年でみられた大気の急激な変化は前例がない」と強調している。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

福島原発の周りには、今や1000tもの高濃度汚染水タンクが林立している。この汚染水は今だ核燃料デブリが臨界状態にあり冷やし続けていることの証しで、デブリを取り出さない限り、永遠と汚染水は蓄積される一方だ。

~以下引用~
リンク
『今の原発の敷地は、汚染水タンクが林立していて、もう新たに設置する余裕が何処にもない』

この高濃度放射能汚染水とは、今までは東電(政府やマスコミ)は原子炉建屋の地下に流れこむ地下水だと、善良な市民が勘違いするよう、わざと曖昧(意味が分からない様に)に発表しているのです。

ところが、これが全部口から出まかせの嘘八百。真っ赤な嘘であることは、既に東京電力や規制委が発表しているのです。地下水云々は何の関係も無い煙幕だった。

 本当の事実は、高濃度の放射能汚染水の大量発生の原因とは6年前からメルトダウンした原子炉圧力容器に注入している冷却水(1基当たり1時間に4・5トン)の事だと、真実を小出しにして報じたり、逆に11月4日付け毎日新聞記事のように、元の黙阿弥『地下水が~汚染水云々』と先祖かえりするなど、真実を嘘とを行きつ戻りつを繰り返す。
この不思議なマスコミの報道姿勢の原因は、案外簡単で、大爆発した6年前と今と『同じ量の冷却水』を原子炉圧力容器に抽入し続けている事実は不味過ぎるのである。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ 続きを読む

このページのトップヘ