~①(http://www.trend-review.net/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=267292)の続き~
生活の中に蔓延る合成洗剤。経皮毒から身を守るにはどうしたら良いのか?
現在の消費の構造そのものを見直すことが、根本解決になるが、目先的にでも私達ができることはないのだろうか?

それは合成洗剤ではなく、「重曹」を使うことだ。

【虫歯予防を超える歯磨き!?】科学を身近に☆NewStream(http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=265117)の中でも、歯磨きには重曹をと勧められている。

引き続き、経皮毒・・その知られざる脅威!!/飄(つむじ風)
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/08/post_ce8e.htmlより引用します。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
(中略)
はたして、解決策はあるであろうか?

ある!

合成洗剤の使用を止めることだ。

そんなことは可能か?

可能である!

界面活性剤でなくとも、いや、それ以上に汚れが落ちる洗浄剤がこの世の中に登場している。しかも特許を得ている。のみならず、世界の大手洗剤メーカーの合成洗剤と伍して、その洗浄力ではトップの座を占めている。

と言ったら、耳を、あるいは目を疑うであろう。

疑ったら、検証するべきのが常道で、勿論、それは自由であるが、それがあるからこうして記事にするわけだ。

それを簡単に説明しよう。

きわめて簡単に言うと、あの台所でも常時使用される重曹というものがある。難しく言うと炭酸水素ナトリウムという。あのベーキングパウダーとして調理に使われる奴である。これが洗浄剤の主原料である。

これを電気分解して溶液を作ると洗浄剤として、優れものになると言うことで発明された。細かなことについて触れないが、これが20カ国以上に特許申請されている。既に特許も降りた国々も多い。

これで出来た洗浄水中では、メダカが48時間生存すると言うから、その安全性が分かるだろう。しかもその洗浄力は、前にも書いたが、世界でトップである。

メカニズムは重曹、炭酸塩からでるマイナスイオンと見なされているが、原理は重曹泉と言われる天然温泉の『美肌の湯』と同じである。それに洗浄後の再汚染防止作用を究めた故の特許である。と言えば、詳しい方もおられるだろうから、それ以上は書かない。

ところが、こんな話、誰が聞いたことがあろうか?

良いことはなかなか世に広まらないのが、現代の世の常である。それは大きく言うと利権構造にある。それは欲と利権によって世の中が支配されているからだ。

原子力問題で、そのことをいやと言うほど見せられているではないか?

虚心坦懐に書いているだけだ。もしも、気がついて、ひょっとしたらそうかも知れないと思ったら、使ってくれたまえ。決して無理強いはしないつもりだ。又出来るわけもない。

(引用終わり)

rino