自己中な思考=精神欠陥の背後には、規範の崩壊や家庭の教育機能の低下がある。
規範の崩壊や教育機能の低下の背後には、家庭の聖域化や個人主義の蔓延がある。
そして、家庭の聖域化や個人主義の蔓延の背後には、市場の拡大とそれに伴う闘争と生殖の分断がある。
肉体破壊や、環境破壊も、問題の原点は市場拡大であり、人間第一、利益第一とは自己中思考。

だから相変わらず、「市場が拡大がすれば、より豊かになり、成熟した社会が訪れ、問題は時期解決していく」なんて云ってる学者や政治家の発言は、まったくのゴマカシ、と言うより明白なウソである。

匿名希望
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ