近年親子間の虐待の事件は多発しており、もう虐待をした親個人のモラルや価値観の問題として捉えられない事は明らかです。しかしマスコミや学者さん、児童福祉の専門家でさえも親個人を批判するだけで終わってしまっています。
 
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
偉そうな事を上で言ってしまいましたが私も実はそんな感じの考えを今までもっていました。今回虐待についてサロンにてみなさんで考え、学んだのは、
虐待が多発してきた原因として。。。。
個人を大事にする考えを教育してきたこと→子育てにおいても自分が一番、自己中心的な考え方が生まれる、個人だけの問題とする社会が出来る(うちはうち、よそはよそ精神)
といった形で自分を重視する=自己中な考えを推進してきた社会背景や教育にもあるという事です。

 ここで忘れてはならないのは私達もそのような教育を受け、その社会で育ってきた事、私達も虐待の加害者になる可能性がある一人であるという事ーー。
 私がみなさんで話し合い一番思った事は、私も今まで他人事として虐待のニュースや虐待を受けた子の話を聞いていて、自己を大事にする教育受けてきて、自己中心的な思想を持っている。。。という事です。今回も又近代思想にどっぷりと浸かっていた自分の考えや価値観を見つめなおし、リフレッシュしていくいい機会になりました。
福祉を学ぶ者として、又一人の人として、とてもいい学びが出来ました。ありがとうございました♪
 
サェ