株式日記と経済展望(リンク
に「在日新聞社、在日テレビ局はなぜ意図的な捏造報道を繰り返すのか?」という記事がある。

以下引用抜粋
――――――――――――――――――――――――――――――
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
>事実に反することを流して番組が中止に追い込まれた例について、非常に話題になったばかりなので皆さん記憶に新しいことと思うが、それと何も違わないのだ。

 政府機関にわざわざ取材をして、事実を確認しておきながら、面白いニュースになるからと誤った情報を流すのは「捏造」である。残念なことに非常にこうした手合いが多い。ニュースとして面白くなく、流す価値がなければ流さなければ良いのである。間違った情報を流されるよりはよっぽどマシだ。

 役人の言うことなど、とりあえずの確認として聞いておけば良い。世の中に流してしまえばこっちのものだ。こんな考えなのかもしれないが、しっかり責任をとってもらわねば困る。政府に対する批判だとか、考えや立場の違いの表明なら全く問題ないが、紛れもない事実を捻じ曲げるのは問題のきわみである。

 ニュースの価値というものは、水とダイヤモンドの関係に似ているという。水かダイヤモンドか、人にとって欠かせない重要なものは?と問えば答えは明らかだが、貴重かつ需要があるのはどちらか?と問えば、これも明らかだ。本当に必要なものであっても、それがありふれたものであればニュースとして出てこない。それがためにメディアリテラシー、マスメディアの流す情報の真偽、質を判断できる能力が求められている。

――――――――――――――――――――――――――――――
引用終わり


 マスコミは、既に何をやっても許される存在になっており、その事を理解しているので「捏造」する事(=面白くすること)が仕事のように思っているのだろうが、人々が求めているものとズれている事に早く気付くべきだろう。

 芸人達によって構成されたTV内容の実情からもそれは明らかだ(ごまかしだ)。もはや共認媒体としての資格は無いのではなかろうか。

 人々が求める情報は、事実であり、その追究が仕事だと改めて欲しいと思う。

 ネットにおける情報媒体が開けた現在、もはやTVという媒体(=マスコミ)にも単なる視聴率では無く、「事実度」といった監査役(システム)が必要なのではなかろうか。
 もはやマスコミによる共認支配は許して置けない。
 
匿名希望