『腐蝕の連鎖―薬害と原発にひそむ人脈―』(広瀬 隆 著)~第4章 学者集団と梅沢三兄弟の巨大な閨閥~ リンク よりの引用です。

以下引用
******************************** 
 日本では、戦争犯罪者が過去の罪をいささかも反省せず、ほとんど追及もされなかったため、彼らが戦後も羽を伸ばし、権威者として君臨することになった。むしろ彼らは、戦争犯罪の追及に牙をむいて反撃するほどである。その"立派な教え"を受けた家庭の中で増長した者が、親から戦時中の利権を受け継いだため、同じような罪を踏襲してきたことは間違いない。

 この審議会や評議会が政策を認知すれば、「責任はそちらに移る」というのが狡猾な官僚の計算であろう。そこにぞろぞろやってくる学識経験者は、中央公害対策"審議会"が発足して、その会長に学術会議会長の和達清夫を据えたように、大学や学会の肩書きをいくつもかかえた人間のことで、彼らは、国から審議会メンバーとして認めてもらえば、さらに肩書が重くなり、年老いて勲章まで約束されるようになる。勲章とは年金のことである。  
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
つかみあいとなって、テーブルが倒れ、灰皿がとんで、収拾がつかなくなったという話は、日本の審議会では聞いたことはない。たとえ何万人、何百万人の生命が危機にさらされようと、結論が変らないように、結論を変えない穏やかな人間を集めたものが、審議会と評議会だ。穏やかとはいっても、学識経験者や文化人の側にも、はっきりした腹黒い利権の目的があり、官僚と阿吽の呼吸によって、互いにそこで意思の疎通をはかる。裏金が動く。

 代表的な財団法人・地震予知総合研究振興会の評議員メンバーであり、明治40年(1907年)生まれの東大教授・金井清が提唱した金井式によって、日本ではすべての耐震性が計算され、設計されてきた。

 現在使われている金井式は、40年ほど前の金井論文が報告したグラフをもとに組み立てられ、66年に書き直されたものだ。

耐震性の計算の元になる式が、そもそも事実とまるで合致しない、誤った理論にもとづいて成り立っている。きわめて水準の低い学問から出発していながら、それが日本で最高権威となり、この金井式が、原子力発電所の設計に使われているのである。

 96年現在、科学技術庁原子力安全調査室の吉岡賢治は、金井式を使って計算すると、神戸大学工学部で想定される兵庫県南部地震の最大速度は、18.4カインだという。ところが昨年の兵庫県南部地震では、その地点で実測された最大値は、55.1カインであった。実際には、計算値の3倍の揺れが発生したのである。

原発を10基かかえる福島県の大熊町文化センターで、国が主催した「原発の耐震安全性フォーラム」が開かれた。そこにも登場した渡部丹は、住民側からその衆議院会館での重大発言を質問され、さすがに言い逃れをすることができず、「昔のデータを使っている金井式は、早くほかのものに変更すべきだ」と、多くの聴衆を前に発言したのである。これは、共同配信の記事をもとに、全国に報道されている。
 この誤った金井式を使って、日本全国の原発が建設され、六ヶ所村の核燃料サイクル基地が建設され、冒頭に述べたように、いよいよ全国の使用ずみ燃料が、危険なプールに持ち込まれようとしている。これが、96年末現在の状況である。

 大崎順彦は、この財団名簿では、大崎総合研究所・社長となっているが、渡部丹が清水建設専務取締役だったのと同じく、清水建設副社長の履歴がある。そして、彼が開発した大崎スペクトルと呼ばれる地震動の解析法が、原子力発電所の建設で使われてきた。このスペクトル解析がまた、兵庫県南部地震で証明されたように、まったく現実に合わなかったため、全国で原発の不安がいっそう高まる原因となっているのである。

今から30年ほど前のその時代には、まだ全世界でプレート説が知られていなかった。プレート説が認知されるようになったのは、新潟地震から数年後、69年ごろである。ましてや日本では、その後もほとんどの地震学者がプレート説を無視した。「日本は地震国であるので、地震学は世界一である。アメリカやヨーロッパの素人学者に何が分かるか。地震は、火山活動によって起こるのである」と主張し、日本の多くの地震学者は、地球上で日々進歩する科学を採り入れなかった。

 このような日本の地震学者の傲慢さは、やがて、世界の各地で大地震が発生してプレート説が着実に証明されるたびに、ひっくり返された。

 特に日本では、直下型地震の精密なデータが得られたのは、95年1月17日、兵庫県南部地震(阪神大震災)が初めてだったのである。その貴重なデータでさえ、渡部丹たち検討会の委員が、強引に「原発は安全」の結論を出すためのものに変り果ててしまった。
********************************
以上、引用終り


佐藤祥司