原発事故での対応を見ていて、全国民の共通認識になったのは、

「学者や専門家は答えを出せない」

という一言に尽きる。


今までも分かっていた。しかし、同時に心のどこか奥で「いざとなったらやってくれるに違いない」という甘い考えが残っていてのも事実ではないか。

この僅かな期待が今回裏切られた事による、人々の意識転換は大きい。学者や専門家に頼っても答えは出てこない。彼らの無能ぶりは明らかになった。

考えてみれば当然でもある。
>近代の自然科学も個人主義のパラダイムに嵌っており、対象を分解し分析する要素還元主義に捉われており、自然世界全体を統合できない。その結果、効率化によって生産力は発展したが、一方で大量の歪みを生み出してきた(ex.原水爆~環境破壊)。この歪みの責任の少なくとも半分は近代自然科学にある。分解主義・要素還元主義ではダメであり、全体を統合した統合原理が求められている。233909
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
>体内の様々な物質の複雑な相互関係がどうなっているかは未だ解明されていないにもかかわらず、ある一つの食品成分だけを取り出して、これは身体に良いor悪いと(いかにも科学的に装って)喧伝する現代の科学者の姿勢はペテンそのものである。今や自然科学も人文科学に負けず劣らず幼稚なレベルに成り下がったと言わざるをえない。233909

彼ら試験エリート達は、答えが一つになる条件が与えられないと発揮されないという変異体である。

もう彼らには任せておけない。今はそれに気付いた人たちから結集して発信を続けていくしかない。これが僕らに出来る最善の策だと思う。



スズムシ