井口和基の公式ブログリンクより。
福島産の被ばく野菜を食べ続け、白血病(放射性癌の典型)になったフジテレビのキャスター、大塚さんなどの紹介の後、瓦礫を3つに分けて警告。
①原発の内部にあった放射性物質が原子炉が崩壊して外に出たもの
②飛び散った放射性物質に接触したことで「放射化」したもの
③放射性物質のない普通の瓦礫…これはアスベストなどの有害化学物質が満載
これら瓦礫は、チェルノブイリでとった手法「コンクリートづめして処理する」のが、もっとも安全で理に適った方法という。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(前略)
放射性物質は、歴然たる物質である。アスベストを肺に吸い込めば、アスベストが無慈悲に我々に中皮腫という肺癌を発病させるように、プルトニウムを吸い込めば肺癌、ストロンチウムは白血病、セシウムは生殖異常、ヨウ素が甲状腺癌を発病させるものなのである。放射性物質は、これら4種類が有名だが、これらが放射線を放出する度にそれがまた別の放射性物質の原子種に変換するのである。だから、芋ずる式にどんどん未知の放射性物質が、元の放射性物質の半減期の中で誕生するのである。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
はたしてそういう放射性物質をわずかでも含んでいる「放射性瓦礫」や「地震被災瓦礫」が安全といえるだろうか?

もちろん、答えはノーである。

福島第一から海への「核廃液で汚染された瓦礫」、「放射性物質で被爆した瓦礫」、それ以外にも「地震災害による瓦礫」などさまざまである。まあ、大方3種類だろうが、これらの混じり合ったものが一般的だろう。あまりマスゴミは政府や東電から金もらったり、脅されているだろうから、言わないようだが、核汚染物質による瓦礫には、原理的に2種類あり得るのである。

まず、福島第一原発の内部にあった、ウラニウムやプルトニウムなどの原子炉活動のための燃料とその灰として生まれる物質がある。これらが、原子炉が崩壊して外に出たというものが1つ。大方、我々が気にしているのはこのタイプである。
(略)
もう1つは、放射性物質が飛び散った場合、その物質に接触した、もともと原子炉の外部にあった物質が、放射線を浴びて、それが自分の原子の中にある原子核にぶつかり、自分自身が核変換し、放射性物質となるということである。これを「放射化」というが、日本のマスゴミや御用学者はこの危険性を問題にもしない。

かつてジャガイモの発芽を抑えるためのアイデアとして、1MeVのγ線(高エネルギーの光の一種)を照射するという手法がとられたが、その結果として、ジャガイモ自体が放射化によって一時的に放射性物質となるという現象のために、取り扱う人間への安全性の問題からこのアイデアはアメリカでは破棄された。禁止になったようである。

この現象は、簡単な比喩をとれば、我々が夏に海で日焼けすると、浴びた放射線(この場合は紫外線や赤外線)のために、我々の身体の中の原子がそれを吸収して励起される。いちど励起された原子は、今度は徐々に放射線(赤外線)を放射しながら、元の安定な状況へと戻る。そのため、ひどく日焼けした後は、その晩あたりになると、体中が火照り熱くなるのである。

これの放射線版が、放射性物質による被爆の場合なのである。要するに、一旦α線を浴びた原子核が核変換し、その後それが再び安定な原子へと核変換する間、あるいは、γ線を浴びた原子核がγ線を放射して元に戻る間、自分自身が一時的に放射性物質になるということなのである。

この放射化の怖さは、今のところ、まったく問題にされていないが、ちょっとでも被爆した日本人が海外へ行けば、海外の人が5m以内に近づけないほど、海外の人は悪影響を受けるというほどなのである。5m以内に近づくと、気分が悪くなったり頭痛を感じるというのである。私自身も最近スーパーやコンビニに行くと、なにやら気分が悪くなったり頭痛を感じることがあるから、最近のスーパーやコンビニの製品もかなり放射化しているのではないかと疑っているところなのである。

ここまでのことをまとめれば、放射能の問題には、原因となる放射性物質による「能動的放射能」の問題と、そういう放射性物質の出す放射線によって引き起こされる「受動的放射能」の問題という、2つが同時に出て来るということなのである。生物にとって、どちらも同じくらいに危険なのだということである。

その昔、水爆を受けたビキニ諸島のトカゲが、被爆して放射化した結果、「ゴジラ」が誕生したという物語になっているということが、この被爆による放射能化、放射化という問題なのである。

さて、最後の3つ目。これは普通の瓦礫、放射性物質のない瓦礫の問題だが、これすら政府も東電も一般の政治家もマスゴミもまったく無言である。というか、無知というか、どういうべきかは分からないが、ちょっと前まで「アスベスト被害」というものをあれだけ叫んでいたにもかかわらず、この東日本の瓦礫問題では一度も聞いたことがない。

しかしながら、築30年以上前の鉄筋コンクリートの家屋などは、アスベストを非常に一般的に使用していたのである。だから、建築瓦礫などの中には多量のアスベストやホルムアルデヒドなどの、有害な化学物質が満載だろうということをお忘れではないのか?ということなのである。

アスベストによる肺癌、中皮腫もまた放射能被爆と同様に、発病するにはかなりのタイムラグがある。おそらく10数年はあるだろう。だからいますぐに発病するのではないにちがいない。しかし、吸い込んだアスベストはなかなか取り除くことは難しい。

こういうわけで、かつてチェルノブイリを処理した旧ソ連アカデミーの要人たちのとった手法、「瓦礫はコンクリートづめして処理する」というのが、もっとも安全で理に適った方法であるということになるわけである。

それにしてもつい最近まで「核拡散防止策」とか言っていたにもかかわらず、「放射性瓦礫を拡散処理する」というのは、それに反するということが分からないのだろうか? まあ、そもそも、民主党(民団党)の政治家たちは、「エントロピー増大の法則」ということを知らないのだろうか? 核物質であろうがなかろうが、物質は黙っていれば、つまり何もしなければ、必ずエントロピーが増大する方向へと動く。だから、エントロピーが増大できないように、タンクにつめたり、コンクリート詰めするわけである。

まあ、戦後の日本の教育の失敗が、今日の日本政府官僚や御用学者の問題、マスゴミの問題を引き起こしたことだけは間違いないようである。
(後略)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



岡本誠