フクシマで科学的に最悪の状態になっていることが隠されている~事故はこれから起きる~2200度の超高温となって溶け落ちて集まった100tの超重金属の挙動を安易に問題ないとなぜ言えるのか信じられない。水で冷やされるとあるが水は冷やすと同時に減速材として核分裂を加速する性質もある。

以下引用です
フクシマで隠されて進行されてる科学的にとんでもない事態
 リンク

フクシマの事故は終わった事にしたい人が多いようだが、実はフクシマの悲劇はこれからが本番。まず、多くの人がなぜか気づかない振りをしているが、肝心の核燃料がとんでもない事になっているはずなのだ。

各原子炉には100t近い核燃料がある。そしてこれが溶け落ちた事は東電も認める所だ。で、問題はこれがどこまで溶け落ちたかだ。核燃料はウランを始め滅茶苦茶重い物質だ。鉛の比重は11.34だが、ウランは19、何と鉛の1.7倍も重い物質なのだ。そして、臨界に達さなくても核燃料は支持体を溶かして溶け落ちる程高温になるのは記事の通り。記事中は2200度とあるが、溶け落ちて集まってくれば3000度も超えるだろう。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
で、3000度に達する、鉛の1.7倍重い超重金属が、100tあって溶け落ちましたと言うのがほぼ間違いない事態なのだ。これがどうなるかだが、答えは一つしかない。「どこまでも溶け落ちていく」だ。何しろこんなとんでもない物体を支持できる物などこの世にないのだから。溶け落ちていく行く手を留める方法などこの世に存在しない事は科学を少しでも齧った事が有れば自明だ。これに異を唱える科学者は誰も居ない。

今、核燃料が地下どの位の所まで行っているのかシミュレーションした人も居るだろうがなぜか公開されない。

そして、一番問題なのは地下深くまで核燃料が移動していく間に放射性物質が地中を拡散している事だ。膨大な量のセシウム、ストロンチウムなどの厄介な放射性物質が地下水などに乗ってガンガン拡散中なのだ。これは原理的に防ぎようがない。凍土壁とか言っているが、凍らす事すらできていない状態だ。

確かに地中深く行けば放射性物質が地上、海中に出てくる量も減るだろう。しかし、ほんの極微量ですら深刻な被害を発生させる放射性物質がトン単位で環境に漏れ出ている事態は相当深刻なはず。今後数年~数十年後にとんでもない量の放射能が一気に日本を襲う事態になる可能性は相当高いと考えられるし、そうなった時に止める方法が無いのも恐ろしい。

フクシマの戦いはこれからが本番だという事をまず日本国民は知るべきだし、今、核燃料がどうなっているのかちゃんと発表させるべきだ。

3年経ったから大丈夫と言う考えは捨てて、今そこにある危機にちゃんと目を向けよう。

~回答します。

>1.鉛より1.7倍重いというのは何か意味があるんですか?
→比重が高ければ高いほど底を突破しやすくなります。例えば水と同じ比重なら底は抜けませんよね。

>2.どこまでも溶け落ちていくだけの熱量はキープできるんですか?
→核燃料ですからそれだけのポテンシャルは有るでしょう。ただ、周囲への熱の拡散、核燃料自体の拡散がどれだけあるかは厳密には非常に難しい問題です。シミュレーションしてみないと何とも言えないでしょう。
また、本件で一番重要な点は格納容器の底は抜けたのかどうかです。抜けなければ現状の汚染具合で収束するかもしれませんが抜けていたらこれからとんでもない事になるからです。

3.全科学者の常識的見解とのことですが、そのことに触れている科学者の方の論文、記事などはあるのでしょうか。
 自分の周りの科学者に聞いた事から類推してそう書いてます。「3000度100tの超重金属を支えられるものは無い」に異論を唱える科学者は居ないでしょう。

4.チェルノブイリのいわゆる「象の足」とは何が違うのでしょうか。あちらも100tあるそうですが。
 基本的には同じでしょうが炉の形式も条件も全く違いますからチェルノブイリで抜けなかったからフクシマも大丈夫だとは言い切れません。

東電はコンクリートは「70cm程度しか浸食されていない」と、説明していますが、確認した訳ではないただの大本営発表です。
そもそもコンクリートと核燃料が接すれば水蒸気爆発のような現象が起こる可能性もありますし、局所的に臨界条件がそろってしまう可能性もあります。全てが幸運だった場合の「70cm」という東電の説明を「絶対安全だ」と判断していいのかと言うのが今回のエントリの趣旨になります。
 底が抜けていないのならそれはラッキーで幸運を喜べばいいと思いますが、未だに底が抜けたのかどうかも分からない状況が3年半も続いていて、それを放置したままでいいのでしょうか。
もし、底が抜けていたら日本は大変な事になるという事を再認識して東電、経産省に声を上げていくのがネットユーザーの務めでしょう。




志水満