調査の結果、約18gのサンプル米がもっていた汚染のうち、なんとおよそ半分の汚染が、米ひと粒に集中していたことが明らかになっています。放射能汚染は極端に偏在しているということです。

たとえサンプル検査で、基準以下であっても(基準値そのものも怪しいですが)、局所的に高濃度汚染した部分に当たってしまえばそれまで・・・
「食べて応援」は決死の覚悟をもって挑む、ロシアンルーレットのようなものです。

以下(リンク)より転載します。
-----------------------------------
・2014年7月に南相馬の稲から、放射能が検出された。
・当時は、がれき撤去で飛散した放射能が原因であるとされたが、原子力規制委員会は「がれき処理で放出された放射性物質が原因とは考えられない」と結論
・「汚染の原因については分からない」としているが、放射能が見つかって原因がわからないで済ませるとは信じられない無能な委員会である
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
フクシマ由来の放射能が検出されているのに、「原因は不明」と規制庁がばかげた結論を出しました。


【以下ニュース記事】
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「原発が原因とは考えにくい」南相馬のコメで(2014/10/31 21:39)
リンク
福島県南相馬市のコメの一部から基準値以上の放射性物質が検出された問題で、原子力規制委員会の更田委員長代理は31日、福島第一原発3号機のがれき処理の際に放出された放射性物質が原因とは考えられないとの見方を示しました。

 去年秋に収穫された南相馬市の一部のコメから基準値を超える放射性物質が検出されたことに対し、農林水産省は去年8月、3号機のがれき処理の際に誤って放出された放射性物質が原因である可能性を指摘していました。国と東京電力の検討会は31日、国側の新たな試算の結果、放出された放射性物質の総量は1100億ベクレルで、以前に東電が示した値と大きな差がなかったことを明らかにしました。これを受けて原子力規制委の更田委員長代理は、「この量では南相馬のコメに影響を与えたとはおよそ考えにくい」と述べ、がれき処理で放出された放射性物質が原因とは考えられないとの見方を示しました。一方で、汚染の原因については分からないとしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 本当に呆れます。もし、がれき拡散が原因でないのならば、その原因を突き止めるのが成長の役割のはずなのに、それは放棄。
 こんな無責任な男が、委員長となって「放射能は安全」を垂れ流す。信じられないことです。

南相馬コメ汚染のニュースは、最初次のような報道でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
がれき撤去で飛散、コメ汚染 福島第一の20キロ先

 原発から20キロ以上離れた南相馬市の避難区域外の水田14カ所と、20キロ圏の避難区域内の5カ所で昨秋に収穫されたコメから基準値(1キロあたり100ベクレル)超のセシウムが検出された。農水省が調べたところ、放射性物質は8月中旬に出始めた穂などに局所的に付着。事故当時に飛散した放射性物質を土壌から吸い上げたのなら均一的に検出されるため、穂が収穫された9月末までの間に新たに飛んできたものと分析した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

農水省が飛んできたという理由を「放射性物質を土壌から吸い上げたのなら均一的に検出される」としておりますが、本当はここがおかしい。


「極端に偏在する放射能-セシウム食品が危険な理由」(リンク) に紹介しましたとおり、
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 その“ホットスポット”で昨年、試験的に採取された米からは、1kgあたり357Bq(ベクレル)という高い放射性セシウムの数値が測定された。厚生労働省が定める規制値は100Bq/kg。およそ3.6倍もの高濃度汚染である。

 高辻氏は、より精密に汚染を調べるため、以下のような測定を行った。汚染米から2つのサンプルを作り、それらを別個に測定したところ、全く同じ米のはずが、一方からは約18gで6.5Bqの高濃度の汚染が測定されたのに対し、もう一方からは1.27Bqしか検出されなかったのだ。疑問を持った高辻氏は、さらに、高濃度のサンプル米をまた半分に分け、それぞれの汚染を測定した。

 この作業を何度も重ねていき、最後にはサンプル米3粒が残った。測定の結果、そのうちのひと粒は2.9Bqで、残りの2粒は0.0048Bq。驚くべきことに、約18gのサンプル米がもっていた汚染のうち、なんとおよそ半分の汚染が、0.02gの米ひと粒に集中していることが明らかになったのである。この0.02gで2.9Bqという濃度は、1kgあたりに換算すると約14万Bq/kgにもなる。

 これは、放射能汚染が均等に広がるのではなく、ひと粒、ないしは田んぼの中の1本の稲穂など、極端に偏った状態で進む可能性があることを示している。そして、そうした米だけを検査で弾くことは、現在の検査体制では不可能なのだ。

「高濃度汚染米を取り除こうとするなら、米ひと粒ずつをチェックしなければならない。でもそれは現実的に難しいですし、個人が5kg、10kgのお米を買ってきて、その中のひと粒だけ弾いて食べないようにするなどということもできません。高濃度の汚染米を食べてしまうという、ある種“貧乏くじ”を引いてしまう可能性があるわけです」(高辻氏)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 つまり、この3つの記事から導かれる結論は次のようになります。

・南相馬の稲穂についていた放射能は、
-がれき拡散による
-土中から吸収された
セシウムが混在していると思われる。がれき処理による放射能が直ちに均一に空中に拡散されたわけではなく、ある部分が空中に漂って稲に付着、あるいは土中のセシウムがコメに偏在するといったふたとおりの汚染理由が考えられます。

「この量では、汚染は生じない」

などと言うふざけた話で結論がつけられるとは本当に信じられません。
「海の放射能に立ち向かった日本人~ ビキニ事件と俊鶻丸」で、日本人学者が示したように、海洋でも空中でも、放射能汚染は極端に偏在することだったはずです。

なにもかも振り捨てて、放射能は安全だと叫ぶ。これこそが、原子力推進派・食べて応援の神髄なのです。
-----------------------(転載終了)


阿部和雄