ブロガーかさこの生き方・働き方・考え方+旅
リンク
からの記事を紹介します。
原発マネーに依存し、その妄想から抜け出せない自治体の現状を「麻薬中毒」に例えて説明しています。
以下、引用です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【原発誘致で財政危機に陥った柏崎市~原発麻薬の恐ろしさ】
 
原発を誘致すると過疎自治体がボロ儲けできる。
だから死の町になるリスクとひきかえに、
過疎自治体は原発を必死になって誘致した。
ところが原発が4基もある新潟県柏崎市が、
数年前から財政が危機的な状況だと、
訴えているのをご存知だろうか?

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
NHKの「原発マネー」という番組によると、
みなさんの電気料金に上乗せされた「原発マネー」は、
全国の原発立地自治体にこれまで3兆円も貢いだという。
そのうち最も多くの原発マネーを享受したのが、
財政危機にあえいでいる柏崎市である。
なんと3000億円もの原発マネーが流れ込んだ。
どうりで日本の電気料金がバカ高いはずである。

わずか人口9万人の柏崎市に、
これまで3000億円ものあぶく銭が流れ込んだとするなら、
さぞ財政は豊かなのかと思いきや、
市の年間予算が521億円に対して、借金が573億円もあるという。

なぜ?
原発誘致すれば危険かもしれないけど、
ボロ儲けできるはずじゃなかったの?
とんでもないデタラメだった。

なぜ原発があるのに借金が膨れ上がったのか。
その原因の1つが原発マネーで作りまくった、
施設の維持費が巨額になることだ。

人口9万人の柏崎市には、
首都圏の人たちの電気代によって、
豪華な施設が次々と建てられた。

柏崎ソフィアセンター、柏崎市立博物館、
柏崎市産業文化会館、柏崎マリーナ、柏崎アクアパーク、
佐藤池運動広場などである。
また総事業費60億円もの大金をかけて作った、
「柏崎・夢の森公園」なるものもある。
この公園は東京電力の寄付=すなわち、
首都圏の人たちの電気料金によって作られた。
こんなことしているから電気料金が高いのだ。

こうして原発マネーによって、
たった9万人の地方の市には似つかわしくない超豪華施設ができ、
原発に対していい印象を持っていなかった地元民も、
「東電様のおかげ」「原発のおかげ」
と原発を許容するようになる。

しかしこれらの建設費を首都圏の電気料金でまかなったところで、
施設を維持するのは地元負担。
例えば我々の電気料金から16億円ピンハネしてできた、
柏崎市立博物館は年間の入館料収入が89万円に対し、
維持費がなんと8884万円。
当たり前の話だが、人口9万人しかいないし、
原発があるという印象の悪い町に、
大挙して観光客が訪れるはずもなく、
そもそも展示に魅力があるのかも微妙で、
当然のことながら、赤字続きになる。
こんな施設がいくつもあるのだ。

施設を作った時には、
公共事業として地元の土建業者が儲かる。
だから土建業者が原発大賛成の政治家を選ぶわけだが、
設備維持は市民の負担になる。
こうして原発マネーでやりたい放題作られた、
施設のせいで財政が悪化しているという。

(中略)

しかも原発は新設して運転した当初は、
莫大な固定資産税などが入ってきて、
自治体の財政を豊かにするが、
固定資産税は年々減少する。


1998年に固定資産税の収入は162億円あったが、
2008年には97億円まで減少している。
原発を作った当初はいいが、
どんどんジリ貧になっていくのだ。

だから福島でもそうだけど、
原発がなくても電気は足りるのに、
原発の地元民は次々と原発を新設しようと躍起になる。
まるで麻薬。
はじめに麻薬(原発)を打てば一生安泰なのではない。
麻薬の効果は時とともに減っていく。
でもその時のハイなテンションが忘れられず、
次々に新たな麻薬(原発)が必要になる。
でないと死んでしまうからだ。
でも麻薬(原発)を打ち続ければ、
もっと早くに死ぬ。再起不能だ。
それは福島で明らかになった。

一度あぶく銭でボロ儲けした自治体は、
生活レベルを下げることもできず、
オレたちは自分たちの使う電気じゃなく、
首都圏の電気のために犠牲になって、
原発引き受けてやってるんだから、
寄付金よこせ、新しい施設作れと、
圧力をかけるようになる。
完全にシャブ中毒患者の錯乱状態だ。

さらに柏崎市は2007年に中越沖地震が起き、
柏崎市の原発3基がクラッシュしてしまい、
311に関係なく原発を動かせない状況が続いていた。

原発は運転しないと金が入ってこない。
だから福島原発事故があって、
原発が安全だなんてデタラメだということがわかり、
死の町になるかもしれないというのに、
手っ取り早く金が入るためには、
柏崎刈羽原発がなくても首都圏の電気は余裕にもかかわらず、
地元としては何が何でも原発を再稼動したいのだ。

(中略)

再稼動に目がくらむ原発自治体が多いが、
原発は作り続けない限り、町は豊かにはならない。
それどころか原発があることによる、町のイメージは最悪だ。
財政危機に瀕する柏崎市を教訓に、
他の原発自治体もこの先、100年続く町をつくるために、
何をすべきか今、考え直すべきだと思う。

以上



匿名希望