福島第一原発の20キロ圏内で捕獲したクロダイから過去最高のストロンチウム90を検出したことが分かった。

情報速報ドットコム2017.07.31 リンクより、以下転載。
----------------------------------------------------------------
【原発事故】クロダイからストロンチウム90、事故後の最高値を更新!福島原発20キロ圏内

福島第一原発の20キロ圏内で捕獲したクロダイから過去最高のストロンチウム90を検出したことが分かりました。東京電力によると、このクロダイは2017年1月に木戸川沖合2キロで捕獲され、一キログラムあたり30ベクレルのストロンチウム90を検出したとのことです。

魚から検出されたストロンチウム90の値では過去最高値となっており、クロダイのストロンチウム検査は今回が初となっています。東電の検査ではセシウム134とセシウム137のみが対象となっていることが多く、ストロンチウムの汚染状況については今もハッキリとしていません。

ストロンチウム90はセシウムよりも有毒だと言われ、一度でも体内に入ると排出が難しい核種です。政府の検査でもストロンチウムは軽視されていますが、福島第一原発事故の規模を見ると、軽んじることはできないと言えるでしょう。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

魚介類の核種分析結果<福島第一原子力発電所20km圏内海域>
リンク

出荷制限中のクロダイから過去最高値のストロンチウム90検出
リンク

東京電力ホールディングス(以下、東電)は、福島第一原発から20km圏内で採取したクロダイから、これまでに最高値となるストロンチウム90を検出し、その分析結果を7月13日に発表した。
-----------------------------------------------------------------
転載終了



立川久