以下リンク
ZUU Onlineより

-*-*-*-*-*-*-*-*-

今日「経済」という言葉は、「生産、流通、消費などにかかわる社会関係や人間活動」という理解に収まっている。だがその語源は、「経国済民」または「経世済民」すなわち「世を経(おさ)め、民を済(すく)う」ことである。歴史的に見れば、古典ギリシャ語のoikonomia(家政)に由来する英語のeconomyであれ、漢語の「經濟」(「政治」と同義)であれ、political economyの翻訳語である「経済」であれ、いずれも古くから語義の変容を遂げてきた。

本書の著者である青木泰樹氏は、経済政策の目的を「経世済民」にあると捉え、狭義の「経済(学)」専門家として国の経済政策に強い影響力を持つ現代エコノミストたちのまき散らす「嘘」を暴き、さらにその嘘を見抜くための基礎知識を提供してくれる。

温かい心を失った主流派経済学者

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

本書の冒頭、「冷静な頭脳と温かい心を持て(cool heads but warm hearts)」というアルフレッド・マーシャルの言葉が掲げられている。「温かい心」とは、他者の尊重、弱者への労り、社会への配慮であり、伝統への敬意や郷土を破壊から守る意志も含まれよう。

需要側を重視するケインズ経済学者に取って代わって主流派となった、供給側を重視する経済学者は、いつしか温かい心を失い、「冷徹な論理だけを振りかざし、国民に襲いかかる」獰猛さをあらわにしはじめた。彼らは「国民や国家の事情」を一切顧慮せず、「主流派経済学の論理に基づく政策を為政者に吹き込み、実行させている」という。

著者が批判の俎上にのせているのは、そうした経済学者の唱える財政均衡主義や効率至上主義、新自由主義的政策やグローバリズム、(金融政策だけで需給ギャップは解消できると主張する)リフレ政策である。それらの論理矛盾や国民経済への悪影響を著者は鮮やかに解き明かしている。

経済社会学の視座から

現実経済の理解に当たって、著者は、シュンペーターのヴィジョンを継承し、「経済社会学」を自らの視座とすることを明言している。すなわち、(1)社会は多様な価値観を持つ人間(異質的主体)からなり、(2)経済は(内部の変動要因によって)内生的に発展し、(3)経済現象と社会現象(非経済現象)は必ず相互作用を及ぼす、という認識である。

これに対し主流派経済学は、「最大限の物欲の充足を求めて合理的に行動する主体」、すなわち「同質的な合理的経済人」だけからなる「均質的な市場システム」を専ら分析の対象としている。「異質的主体」という経済社会学の人間の想定とはきわめて対照的である。

「国家、国民、歴史、文化、伝統、思想といった国民経済を特徴づける」要素をすべて切り捨てる主流派経済学は、現実経済の分析には用をなさない。そこで想定されている人間や社会が、荒唐無稽な机上の空論にすぎないからである。

上記の要素を包括的に取り込んで初めて、多面的な現実にたいして適用可能な分析枠組みとなる。これは、経済学のみならず、社会科学一般にも当てはまる学問論として非常に重要な指摘である。

(中略)

わずかに2011年3月11日の東日本大震災後の「被災した市町村をできるだけ集中させて効率的な都市機能を再構築すべし」という主流派経済学者の主張を挙げながら、「伝統、文化の継承や地域コミュニティーの重要性などまったく考えない。今後の日本の将来像をどうするかなど一切考えずに、同じ経済原理をどのような場面でも唱え続ける」悪弊が指摘されてはいるものの、その問題をさらに深く掘り下げた考察がなされているわけではない。この点は、より深い分析を期待したいところである。

以下略
-*-*-*-*-*-*-*-*-




匿名希望