真実が徐々に公開される風潮が出てきたようですが、一過性で終わってほしくないですね。

リンク より引用です。
___________________________________________________________________

2017年10月8日(日) 25:00(今晩の深夜1時放送)NNNドキュメント 製作日本テレビ

9人も死んでしまった...
トモダチ作戦で頑張ってくれた若き米兵らが..
原発事故の放射能で被曝し健康を害したとして..
400人超が裁判を起こしている事を
あなたは知っていますか?

福島第一原発の事故。汚染されたのは東日本の陸上だけではなかった。
実は、放射性物質の約8割は太平洋上に流れ込んでいたという。
そして東北沖で"トモダチ作戦"として支援活動していたのが米空母ロナルドレーガン。
当時、艦内では放射能アラームが鳴り響いていた。
乗組員の兵士らは今、続々と放射能による健康被害を訴え死者は9人に。
そして米兵ら400人以上が東電などを訴えている。
空母で一体何があったのか?
海の上を漂う放射能プルーム、
そこを通過したのがトモダチ作戦で日本の被災地支援を行った米空母ロナルド・レーガンです。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
乗組員は今、ガン、体の痛み、大量出血、抜け毛など様々な健康被害を訴えています。
そして希望に満ちあふれていた生活も一変してしました。
いったい空母で何があったのか?
どんな症状に苦しんでいるのか?
米兵らに話を伺いました。
(読売新聞系列の『日本テレビ』公式ホームページから)

【中略】

試写室『ドキュメント17「放射能とトモダチ作戦」米軍兵士が証言する原発の闇』2017年10月8日(日)しんぶん赤旗

2011年の東日本大震災で東京電力福島第1原発のメルトダウンで放射能が日本を汚染しました。
いわゆる「トモダチ作戦」と称して被災地に向かっていた米空母「ロナルド ・レーガン」も汚染しました。
同艦内で被曝し、東電や原発メーカーを訴えた元兵士たちをインタビューし、被曝の実態を明らかにしていきます。55分枠に拡大。
兵士たちは5000人、艦上勤務兵士らに健康被害が続出、すでに9人が亡くなりました。
8人から始まった訴訟原告は400人に。白血病、生殖能力喪失、下肢切断など被害は深刻ですが、米政府や軍は放射能被害を認めず、彼らには保証はありません。
スマホで撮られた動画は放射能測定装置が鳴り『核のホロコーストだ』の声。艦の緊迫を伝えます。
東電はメルトダウンを隠し、艦は正確な情報を知らず、兵士は空気被曝に加え汚染した海水から作られる水を飲み、料理を食べ続けました。
米国はなぜ被害を認めないのか、原発の深刻な闇と事故の異質さが浮かびます。
日本の被曝の実態はどうか。
知れれざる被曝に光を当てる、これぞジャーナリズムの仕事です。
(荻野谷正博 ライター)

2017年8月24日、ロイター通信は『「トモダチ作戦」157人が米で東電を提訴、50億ドル基金要求』と題して、トモダチ作戦に従事したという米国居住の157人が、放射能被ばくによる被害を受けたとして、50億ドル(約5450億円)の基金の創設や損害賠償を求めて米国の裁判所に提訴したと発表した。

『安倍晋三のお友達の産経新聞の番組欄で、驚きの今回のNNN(日本テレビ)ドキュメンタリーを、如何紹介しているのだろうか。?』

日本政府や自民党政権に一番近い論調なのが読売新聞の特徴なのですが、・・・本当にNNNのドキュメンタリー番組が真実であった(トモダチ作戦の原子力空母で放射能被害が出ていた)としたら(100分の1でも真実なら)もう、残念ですがとっくの昔に日本は終わっています。
そもそも米軍の艦船はメルトダウンした原発から半径50海里(93キロ)内には絶対に入ってはいけないとの決まり事があり、トモダチ作戦の時も米海軍原子力空母ロナルド・レーガンは福島第一原発の東方の2百数十キロ以上も大きく離れた太平洋上を数十分間程度通過しただけだった。
その程度の短時間でも、海の上を漂う放射能プルームに遭遇して、原子力空母の艦内では放射能アラームが鳴り響いて乗組員の兵士らはパニックに陥っていたし、その後甚大な健康被害が起きていた。
(今回、元米兵が要求している補償額は一人当たり2億から3億円なので、もしも5000人のロナルド・レーガン乗員全員なら十兆円以上だが、日本人は6年間ももっと近くで被曝し続けているし人数も最低でも数百万人、最大なら数千万人なので到底賠償できる額ではない天文学的な数字になる)

【中略】
___________________________________________________________________
(引用おわり)



達磨防人