あれから7年。フクイチに程近い場所でも、除染が完了した所には帰還が始まっている。本当に大丈夫なのか。
あのとき大変心配した小児甲状腺癌のことが気になって調べてみた。結果、すごいボリュームのコンテンツで追求を続けていらっしゃる方がいた。リンク

その中の記事『【2018最新版】福島の子供の甲状腺がんは本当に…過剰診断なのか?』リンクより引用させていただく。
――――――――――――以下引用―――――――――――――――
2018年3月5日に公表された最新の福島県民調査報告書によると、福島県の小児甲状腺がん及び疑いの子供達は、2か月半前…前回の193人から3人増えて合計196人になりました。

(中略)

福島県の発表は甲状腺がんを、悪性…悪性とはがんのことですが『悪性ないし悪性の疑い』という言葉を使い、あたかも甲状腺がんでない子ども達もこの中に含まれているように書くことで、焦点をぼかしチェルノブイリ原発事故との比較を困難にしています。

しかし手術を終えた161人の中で、良性結節だったのはたった1人にすぎず、158人が乳頭癌、1人が低分化癌、1人がその他の甲状腺癌との診断です。つまり手術を終えた161人中160人が小児甲状腺癌でした。%表記にすれば『悪性ないし悪性の疑い』のうち99%は、小児甲状腺癌。ですので疑いという言葉を過大評価して安心するのは危険です。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

(中略)

今回の福島の調査結果と比較できる資料はないか?探していたところチェルノブイリ原発事故当時の日本とベラルーシの小児甲状腺ガン患者数の資料を見つけることができました。しかも17年分も。その資料と福島県の資料をわかりやすく比較してみます。

(中略)

≪チェルノブイリと福島原発事故の比較≫
100万人に何人小児甲状腺がん患者がいる?
―――――――――――――――――――――――――――
          チェルノブイリ原発事故 福島原発事故
事故から  日本   ベラルーシ     福島県
          0-14歳 15-18歳
  0年   0人   0人   3人    334人
  1年   0人   1人   8人    401人
  2年   1人   3人   3人    377人
  3年   1人   2人   2人    326人
  4年   2人   12人   6人    170人
  5年   2人   23人   14人    73人
  6年   3人   29人   10人    14人
  7年   2人   34人   29人
  8年   2人   35人   32人
  9年   1人   40人   38人
   10年   1人   38人   30人
  11年   1人   31人   42人
  12年   2人   26人   56人
  13年   2人   25人   66人
  14年   2人   17人   95人
  15年   2人   7人  113人
  16年   2人   0人   97人
―――――――――――――――――――――――――――
チェルノブイリ原発事故後も、日本の小児甲状腺癌患者数は100万人中0人~3人で安定しています。これに対してベラルーシは0-14歳は原発事故後4年後から100万人中12人、15-18歳は原発事故後5年後から100万人中14人となり、そのまま爆発的な上昇を続けています。

このチェルノブイリ原発事故当時の日本とベラルーシと比較することで、今回の福島県の小児甲状腺がん患者数がいかに異常な数値か…はっきりしました。

福島原発事故のあった2011年に100万人中334人、1年後には100万人中401人、2年後も100万人中377人、3年後も100万人中326人、4年後も100万人中170人、5年後はまだ二次検査の結果の92.9%しか確定していません(受診者ベース2017年12月31日時点)が、すでに100万人中73人、6年後はまだ二次検査の結果の62.2%しか確定していません(受診者ベース2017年12月31日時点)が、すでに100万人中14人となっています。
――――――――――――引用以上―――――――――――――――

チェルノブイリの事例によると、小児甲状腺癌の増加は事故後(被爆後)4~5年で増えていくそうだ。ベラルーシの数字は、まさにそうなっている。

一方、福島の値は、完全に異常だ。

平時、100万人に一人もいない癌の発症が事故当初から300人を超えている。現在は少ない数値のように見えるが、癌とわかった子供は手術を受けている。すなわち、次の年にはカウントされない。つまり、ここにカウントされた数は、新たに発症した数。したがって「まだこんなにいる」「ベラルーシの事例から考えると増え続ける」と捉えるのが正しいだろう。何度もいうが、小児甲状腺癌は、もともと100万人に一人もいないのが普通なのだ。

最も分かりやすくみれば、延べの患者数は福島が圧倒的に多い。福島の被害は、チェルノブイリなど問題にならないほど酷いということだ。


事故から7年。まわりには「あの時のことはもう思い出したくない」という人が増えてきた。でも、それは間違いだと思う。これ以上子供たちに負担をかける社会にしては絶対にダメだ。



多田奨