体を温めればガンは消える
リンク より

西洋医学という対症療法の流入
江戸時代までは医療の根幹は東洋医学によるホリステック(全身、全体的)な観点からとらえた原因療法(病気になった原因を探り元から治す治療法)が主であり、日常生活においては体の養生、労わりを大切にする習慣があった。人々は暗くなったら寝て、明るくなったら起きるという自然な暮らしで、食生活は一汁一菜が基本であり、粗食な生活であったため、現代と比べ病気になる人が少なかった。

したがって病気になるということは不養生であり、自らを辱めることだと考えられていた。このように常にハングリーでひもじい生活が、庶民の生活に馴染んでいたから健康な人々が多く、良い仕事が遺せたのかもしれない。

しかし明治時代をむかえて、これらの生活手法が続く限り「対症療法」(病気を根本的に治すのではなく薬物を使って症状を抑えるだけの治療法)で薬物治療がすべての西洋医学にとっては、何かと都合が悪くなった。そこで湯治、養生、思いやり、労わり、という日本固有の伝統文化、生活習慣をなくさせ、病気は医者が薬を使って病院で治すという近代医学という名の「薬のサジ加減療法」、つまり真に病気を治す事には繋がらない、対症療法(アロパシー)を「正当な治療法」として世の中に定着させ、常識化させてしまったのである。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

この時点から日本の医学は間違った「ボタンの掛け違い療法」を始め、明治、大正、昭和、平成と160年間、いまだに「かけ違い」のまま、病気を治す事には繋がらない誤った治療法を続けている。そして真に病気の回復を願う人々を「薬に依存させ囲い込み」、医原性(薬の副作用により新しく発症した病気)の疾患により患者を苦しめ、さらに重篤な副作用による障害者、死者を出し続けて、世の中を「健康被害者」だらけにしてしまい、医は仁術という、尊い人の命と健康をあずかる「神聖な医療」を、「医は算術」つまり「金儲け医療」にしてしまった。

本来の医療は患者のためのもので、それを支えるのが医師であり病院で、それらに協力しているのが製薬会社、医療機器会社であるはずだ、しかし現在ではそれらが逆転し医療は医師、病院、製薬会社、医療機器会社のためのもので、患者はそれらを維持していくための顧客になってしまっている。

医療保険制度は崩壊の危機に
その結果現在国家予算の半分を占める41、5兆円(2015年)が国民医療費となり、介護費用を含めれば50兆円に迫る勢いで、現在も毎年1兆円増え続けている。団塊世代が75歳以上になる2025年に向けてますます厳しくなるのは避けようがない。このような事態を厚生労働省は手をこまねいて見ているだけで、なす術がない状態である。

このように「医療保険制度崩壊」は、いま時間の問題となってしまっている。厚生労働省は破綻が現実的になってから対処するしかないと、のんきなことを言っているが、現実的に差し迫ったこの危機を逃れる施策として、国の税金負担増は限界に来ており、消費税率を10%に引き上げても到底追いつかない状態まで来ている、つまり対症療法では治まるものではない。なぜならマフィア(製薬会社)とシロアリ(病院、医者)軍団に蝕まれ、喜ぶのは彼らばかりで、人々(患者)は途方に暮れた生活に陥るのは間違いないのである。

しかしこの末期症状を救う手だてが一つだけ残されている。それは人々が医療に頼らず「自らの病気は自らが治す」、「自らの健康は自ら守る」という本来の考え方に戻ればよい。つまり「セルフケア」に徹することである。医療保険が崩壊すれば患者は高額な自費診療費などとても支払いできない、年金生活者では年金を治療費に全部充てても足りなくなり、生活困窮者が増え続けることになるからだ。

(引用終わり)
 




匿名希望