「イノベーション」という言葉は、今ではどの企業・業界でも良く聞かれる言葉になったが、イノベーションに関する国際競争力を比較したデーターによれば、日本は2007年の4位から毎年順位を下げ2012年には25位まで落ち込んでいるようだ。

イノベーションは、経済学者のヨーゼフ・シュンペーターが「新結合」という定義で名づけた言葉で、想定外の分野を繋ぐことで異なった価値を生み出す意味。自社の枠組みを超えて、他社や異業界の人・情報を取り入れ、自社の強みと組み合わせることで新たな価値を創造しようというものだ。良く聞くオープンイノベーションがまさにそれを意味している。しかし、上述した結果を見れば、言葉だけが独り歩きし、現実は新たな価値が生まれていないということになる。

新規事業を支援する会社を経営している三木氏によると、オープンイノベーション以前に、自社(自分)の中に確固たる軸が必要で、軸がないまま新しいものを求めて繋がっても何も生まれない。多様な人の共感が得られた、似通ったものしか生まれないと指摘する。自社の強み、価値を再認識し、強い情熱・志を確立する。その情熱や志が軸となって共感する人や情報、資金が集まり、自社だけではできない大きな力を生み出し、結果的に新たな価値創造に繋がる。それこそが本物のイノベーションだという。

自社の強みを徹底的に知るには、坐禅に通じるものがあると、三木氏は思考法にまで及んでいるが、確固たる志なきままに、オープンイノベーションと唱えていても価値は生まれないという指摘は鋭い。

News week参照
リンク

「イノベーション」という言葉は、今ではどの企業・業界でも良く聞かれる言葉になったが、イノベーションに関する国際競争力を比較したデーターによれば、日本は2007年の4位から毎年順位を下げ2012年には25位まで落ち込んでいるようだ。

イノベーションは、経済学者のヨーゼフ・シュンペーターが「新結合」という定義で名づけた言葉で、想定外の分野を繋ぐことで異なった価値を生み出す意味。自社の枠組みを超えて、他社や異業界の人・情報を取り入れ、自社の強みと組み合わせることで新たな価値を創造しようというものだ。良く聞くオープンイノベーションがまさにそれを意味している。しかし、上述した結果を見れば、言葉だけが独り歩きし、現実は新たな価値が生まれていないということになる。

新規事業を支援する会社を経営している三木氏によると、オープンイノベーション以前に、自社(自分)の中に確固たる軸が必要で、軸がないまま新しいものを求めて繋がっても何も生まれない。多様な人の共感が得られた、似通ったものしか生まれないと指摘する。自社の強み、価値を再認識し、強い情熱・志を確立する。その情熱や志が軸となって共感する人や情報、資金が集まり、自社だけではできない大きな力を生み出し、結果的に新たな価値創造に繋がる。それこそが本物のイノベーションだという。

自社の強みを徹底的に知るには、坐禅に通じるものがあると、三木氏は思考法にまで及んでいるが、確固たる志なきままに、オープンイノベーションと唱えていても価値は生まれないという指摘は鋭い。

News week参照
リンク




匿名希望SY
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ