リンク より転載です。

---------------------------------------
新聞やテレビなどのマスメディアは、国民に真実を伝えるための機関だというのは、この国では幻想となってしまったのかもしれません。中部大学の武田邦彦教授は、自身のメルマガ『武田邦彦メールマガジン『テレビが伝えない真実』』で、「財務省が発表したから」の理由で「日本の借金1000兆円」を垂れ流すNHKや、原発事故後「放射線防護服」を着て取材しながら「放射線は怖くない」と書き散らす新聞記者のあり方を厳しく非難し、職業倫理の低さを嘆いています。

■なぜマスコミはフェイクニュースばかり報道するのか?

現在のフェイクの最大のものは「消費税上げ」で、政府が「マスコミは日本にとって大切なので、増税しない」と言った途端、まったく消費税についての報道を止めてしまいました。つまり、「自分が損することなら、国民を裏切ってもよい」ということで徹底しているのです。普通の職業でも、もっと職業倫理が高いと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

そして「日本国は1000兆円の借金がある。子供につけを回すな」と財務省が言うと、それをNHKが放送します。事実は、「日本国は約300兆円の黒字で、政府が国民から1000兆円を借りていて、将来、子供に1000兆円を返す」ということですから、借金ではなく資産なのです。真逆のことを財務省が言っていて、NHKはそれが間違いであることを知っていて「財務省が発表したから」という理由で、そのまま伝えるというのが「フェイクニュースの仕組み」なのです。

その結果、お金を稼いでも「所得税」「地方税」「土地建物税」から始まって、残ったお金で物を買えば「消費税」、遊べば「遊興税」、お酒を飲めば「酒税」、そして毎日、電気、ガス、水道で税金を取られ、最後は「相続税」と、一体自分が稼いだお金の何割を自分が使えるのか!と叫びたくなります。それにNHKの受信料とくるのですから、腹も立つのも当然です。

■原発爆発後、防護服を着た新聞記者が「放射線は怖くない」と書き続けた怪奇

2011年に福島原発が爆発し、福島県の人は被ばく限界の1年1ミリシーベルトを超えるようになりました。爆発から4日目ぐらいに新聞(著者が確認したのが四大新聞)、NHKをはじめとした主要テレビの記者、カメラマンは全部、福島から引き揚げ、現場から20キロから30キロに設置された無人カメラで映像を送ったのです。

それから3か月、記者が「放射線防護服」を着て、恐る恐る福島に帰ってくると、そこの人が普通の服装で普通に仕事をしているではないか!記者が「そんな恰好で大丈夫ですか?」と聞いたら、「新聞に大丈夫と書いてあった」と答えたというのです。放射線が怖くて逃げた記者が、「放射線は怖くない」と書き続けたのですから、相当な神経の持ち主です。

もう一つ。爆発したその日、午後4時30分のニュースでNHKは「被ばく限界が1年1ミリシーベルトですから、原発の周りは限界の数1000倍になりました」(記録あり。著者の本に具体的にアナウンサーの言葉を載せてあります)と放送したのに、午後6時以後のニュースでは、「被ばく限界」についてまったく触れなくなったのです。

その1時間30分の間になにがあったのか? 政府から指導された? NHKの首脳部が報道局に指示した? 空気を読んで変えたのか? いまだに明らかになっていません。

このようにこれが日本という誠実な国のマスコミか?と疑うようなことが続き、その結果、福島原発の爆発の原因、福島の人の被ばくとガンなどの発症、再稼働している原発の付近の日本人の被ばく限界などすべては闇の中に入ってしまいました。
---------------------------------------
(転載おわり)



孫市