現在の波動治療は、臓器などに固有振動数の波動を照射し、共振によりエネルギーを受信させ、正常な振動数に戻すという行為を行う。反対に、強力な固有振動数の波動を照射して、共振を大きくすることで、特定のウィルスだけを選択的に破壊することもできるようだ。その様な方法で、がん治療に成功したライフ博士は、金貸しに都合の悪い発見をした他の有能な科学者と同じ様に抹殺された。

しかし、その治療法の斬新さ以上に、がんの原因がウィルウスであるという発見は、大きな可能性なのだと思う。なぜならば、エイズウィルスは捏造であることを暴露しようとした科学者が集団で事故死したり、細菌の本質を発見した、千島博士や森下博士が社会から抹殺されるような圧力を受けるなどの事例をみていると、がんウィルスは、今の医療が的外れで有害でしか無いことの証明になるからだ。

そして、彼が開発した、今まで原理的に不可能とされていた高倍率の光学(電子ではない)顕微鏡は、ガストン・ネサン博士のソマスコープと同じで、おそらく負の誘電率の空間を作り出している。これも、これも固定観念さえ捨てることができれば、わりと容易に制作できるのかもしれない。なぜならば二人の制作した光学顕微鏡は、大規模な研究施設ではなく小さな実験室で生まれたからだ。この技術が一般化すれば、金貸しの嘘も隠せなくなる。早急に研究すべきだと思う。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
現在の波動治療は、臓器などに固有振動数の波動を照射し、共振によりエネルギーを受信させ、正常な振動数に戻すという行為を行う。反対に、強力な固有振動数の波動を照射して、共振を大きくすることで、特定のウィルスだけを選択的に破壊することもできるようだ。その様な方法で、がん治療に成功したライフ博士は、金貸しに都合の悪い発見をした他の有能な科学者と同じ様に抹殺された。

しかし、その治療法の斬新さ以上に、がんの原因がウィルウスであるという発見は、大きな可能性なのだと思う。なぜならば、エイズウィルスは捏造であることを暴露しようとした科学者が集団で事故死したり、細菌の本質を発見した、千島博士や森下博士が社会から抹殺されるような圧力を受けるなどの事例をみていると、がんウィルスは、今の医療が的外れで有害でしか無いことの証明になるからだ。

そして、彼が開発した、今まで原理的に不可能とされていた高倍率の光学(電子ではない)顕微鏡は、ガストン・ネサン博士のソマスコープと同じで、おそらく負の誘電率の空間を作り出している。これも、これも固定観念さえ捨てることができれば、わりと容易に制作できるのかもしれない。なぜならば二人の制作した光学顕微鏡は、大規模な研究施設ではなく小さな実験室で生まれたからだ。この技術が一般化すれば、金貸しの嘘も隠せなくなる。早急に研究すべきだと思う。




本田真吾