結局誰のための働き方改革か、明らかに結果が伴っていない。
自主管理への招待(2)にある自己の土台をなす新しい労働は個人、人々の圧倒的な営為によって生産力が発展し、生産様式が転換されていくのである

リンク



以下リンクリンク



「働き方改革」が国を滅ぼす――企業成長に停滞懸念、病院すらも“診療お断り”?
「働き方改革」が国を滅ぼす
 この4月1日より、働き方改革関連法が順次施行されていく。残業時間などを規制するこの法には、現場から嘆きの声も少なくない。仕事をする場所が会社から家に移っただけ、業務量は変わらないのに“残業するな”は不可能だetc. 一方的な「帰れ」「休め」は、さながら仕事妨害の時短ハラスメントの様相を呈している。

にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
 ***
 仕事があるのに、取り組むことを拒まれる状況が続けば、日本の衰退は避けられないのではないか。

 もっとも、大手商社や保険会社など、財務能力も人的資源も豊富で、実質的に残業を減らせる企業もある。たとえば、大手生命保険会社勤務の40代男性は、

「早く帰宅しても、子供の世話をしろとか皿を洗えとか言われるだけなので、漫画喫茶や飲み屋で時間をつぶし、家族が寝るころに帰るようにしています。そうしておかないと、仕事で疲れたのを言いわけに、土日にゴロゴロすることもできなくなりますからね」
と愚痴をこぼすが、些細な“痛み”である。だが、こうした企業にも“痛み”の魔の手は迫っている。別の大手生命保険会社の、30代の社員が語る。

「うちは以前から勤務時間の把握には厳しかったのですが、昨年夏からさらに拍車がかかりました。それまで20時をすぎると、社内パソコンが一斉に強制ログアウトする仕組みでしたが、それが30分繰り上がり、19時半に強制ログアウトされ、画面に退社を促すメッセージが出ます。19時をすぎると社員はほとんどいませんね。また、社内会議もスカイプを使ったオンライン会議が中心になって、相手の顔色をうかがいながら相談する機会は減りました。個人が過剰な営業をしないように、社用携帯で新規契約やコンサルティングができるようになった反面、社用携帯の使用時間は制限されている。“これまで人一倍汗をかいて頑張ってきた人もいるのに、営業活動がワンパターン化してしまう”と嘆く人もいます」

 仕事の質の低下については、過労自殺で残業規制の流れを作った電通の社員も、

「クリエイティブな仕事だと、今週はどうしても残業したい、ギリギリまで粘りたい、と思う作業もあるし、夜中に海外と連絡を取る必要があるプロジェクトもあるのに、許されません」

 と訴えるのである。
能力が身につかない
「働き方改革によって、社員や企業の成長が滞ってしまいかねない、という懸念は、多くの企業の社長から寄せられています」

 と説くのは、経営コンサルタントの横山信弘氏だ。
 改革の“痛み”として、他人の成長が、ひいては企業の成長が損なわれるとしたら、なんのための改革か。

「若手のなかには、体力があるうちにバリバリ働いて能力を磨きたい、と考える人もいます。そういう人は、日本の企業では、残業を望んでも帰されてしまうので、より融通がきき、海外で働く機会が得られる可能性がある外資系企業に流れます。優秀な人材がどんどん外資に流れてしまうのは、大きな損失です」

 経済産業省はいま、「国際競争力強化」の旗を必死に振っているが、それを横目に、厚労省は、自身にも不可能な数字の達成に遮二無二突っ走る。あまりに滑稽だが、到底笑えない。

病院に断られる…
 国の発展を阻害する働き方改革だが、実は、国民の命さえも奪いかねない。
 というのも、厚労省の検討会は3月28日、2024年4月から勤務医の残業上限も、一般労働者並みの年960時間にするという方針を決めたのだ。もっとも、地域医療を担う勤務医や、集中して技能を向上させる必要がある研修医にかぎって、しばらく上限を年1860時間にするというが、ともあれ、

「ほとんどの勤務医の残業時間は、年960時間を優に超えているはずです。昨今の医師不足のまま、医師の労働時間を大幅に削減しろということは、単純に診療時間の短縮につながるほかありません。急患や、病院の少ない地方の患者さんは、病院から“うちは今月はもう診ることができません”と、断られることにさえなりかねません」

 と、首都圏のとある病院に勤務する内科医は危惧する。だが、別の病院に勤めるベテランの内科医によれば、すでに危機は始まっているという。

「うちの病院にかぎらず、どこも同じだと思いますが、若い医師たちは土日はまず出勤せず、当直明けも休みます。でも現実には、そうしていたら、入院患者を継続して診療することなど不可能なのですが、若い医師を休ませるのがいま至上命令である以上、出勤を促すことなど、まずできません。ですから、休日や夜遅くに容体が急変したりすると、以前にくらべて厄介だというのが現状です」
働き方改革のおかげで、日本人はいよいよ、病気にもなれない状況に追い込まれようとしているのだ。内科医である秋津医院の秋津壽男院長が言う。

 秋津院長によれば、アメリカなどでは手術中に「これからゴルフ」と帰る医師もいるそうだが、そんな医療現場を、いったいだれが望んでいるというのか。

 折しも安倍総理は、新元号「令和」への思いを語る談話で、「いかに時代が移ろうとも、日本には決して色あせることのない価値がある」と述べた。額に汗して働くことを尊ぶ勤労感謝の精神もまた、長く日本人の美徳の一つであったはずだが、同じ総理の肝煎りである働き方改革によって、その精神や価値が破壊されようとしているのは、なんという皮肉であろう。

 働き方改革を通じて、日本人はいま、総じて、イソップ寓話の「アリとキリギリス」におけるキリギリスになろうとしているかのようである。しかし、キリギリスの末路については、あらためて本を開いてみるまでもないだろう。




匿名希望