え、嘘でしょ・・・「地球温暖化」の衝撃的な事実 リンクからの転載です。
_________________________________

論文の97%は人間活動によるCO2増加が温暖化の主な原因であることを前提にしているが。。。

■地球温暖化の原因は人間じゃない
フィンランドのトゥルク大学の研究が、直近の過去100年間で人間が地球の温暖化に影響を及ぼしたことはほとんどないということを発表。人為的なCO2濃度の上昇が温暖化にあまり関係がないという事実に目を向ければ、人為的気候変動というのは実際には存在しないということです。

■地球温暖化は他の要因で起こっているという説
地球温暖化はCO2濃度の増加ではなく、他の要因で起こっているという説。CO2濃度の増加が温暖化の原因ではないという科学者も確かにいます。温室効果ガスの濃度増加に因るとの学術的知見に対して、太陽活動の影響、宇宙線の影響、地球内部の活動、磁気圏の活動などが原因との主張。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

■トゥルク大学と神戸大学の共同研究によると
トゥルク大学の研究によれば、過去100年の間に気候が摂氏0.1度上がったとしても、人間が気候の上昇の原因だと思われるのはそのうちのたった0.01度しかありません。

トゥルク大学は低い雲の生成が気候変動に関与しているということを突き止めました。トゥルク大学と日本の神戸大学が共同で6月28日に発表したのが「地球の気候に与える宇宙線の影響」という論文で、それには雲の形成が気候に大きく影響すると書かれています。

銀河宇宙線が地球の気候に影響を与えている証拠である。と記述されています。

大気中のCO2に対する人間の影響と気候変動への影響の理論は、今度もずっと科学的および政治的な議論で討論され続けるでしょう。
_________________________________