〇 医者からしたら時間のムダ

「厳しい受験戦争を勝ち抜いてきた医者たちは、学生のころから『エリート』と周囲にもてはやされ続けてきました。だから人一倍プライドが高く、自分が患者より優れていると思っている。

患者が自分の健康のためを思って色々と勉強してきても、『医学を素人が語るな』と心のどこかで不満に思っている医者が多いのです」(元私大病院勤務の開業医)

これまで本誌は、医者たちが患者に教えなかった医療の不都合な真実について度々報じてきた。ただ現代では、インターネットでもある程度医学の知識を身につけられるため、患者が病院で医者の診断の是非を質すことがより容易になった。

だが、このことは医者にとっては「面倒極まりない」のだという。

「特に都内の病院は患者数も多いので、一人を診ていられる時間も少ない。全員を診るためには、少しでも面倒くさい説明は省きたいのが医者の本音です。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

患者さんの疑問を解消するのが医者の仕事ですから、きちんとひとつひとつ説明するべきなのですが、『黙って薬をもらって帰ってくれればいいのに』と思っている心無い医者はゴロゴロいますよ」(都内私大病院勤務医)

都内の大学病院で勤務経験のある内科医が、自分で調べてくる患者の「撃退法」を本誌に明かした。

「たとえば高血圧や糖尿病の患者で、『この薬には副作用があると聞いたから飲みたくない。別の種類に替えて欲しい』と言われることが最近増えてきています。

そういう時は、『でも最新の学会でこういう効果があると証明されている、いい薬なんですよ』と、副作用は濁してメリットを強調することがありますね。

これはまだ丁寧なほうで、『ネットや雑誌の情報を鵜呑みにして、俺の言うことを信じないのか』と怒り出す医者も多いようです。

そもそも『私、薬飲みたくないんです』という患者には、『じゃあ飲まなくていいですよ。他の方にはみんな処方してますし、私なら飲みますけどね』とやり過ごします。飲みたくないという人にどう薬を勧めても飲みませんから、医者からしたら時間のムダなんです」

患者の知識は診察のムダ――。医者の言うことがすべて正しければその理屈もまかり通るかもしれないが、決してそうではないのが現実だ。

医療ジャーナリストの田辺功氏は次のように語る。

「医者が最新の医療知識を持っていないために、患者の相談に対して自分なりの理屈をつけてあしらってしまうケースもよくあります。特に大学病院や大きい総合病院の勤務医に多いのですが、学会が最新の研究で『この治療法にはリスクがある』と明らかにしていても、それを知らないまま古い誤った治療法を続けている。

だから、せっかく患者が最新の医療を学んでいたとしても、『そんなはずはない、長年この治療でやってきたから問題ない』と突っぱねてしまうのです」

最新の知識がある医者も、そうでもない医者も、自分の意見が患者から否定されることを恐れている。なんとか「医者主導」の治療に引き込もうとするのは、そのような不安が医者の脳裏をよぎるからだ。

これは内科医に限った話ではない。外科手術の現場でも、新しい方法での治療を希望する患者がないがしろにされてしまうケースがある。

心臓手術の権威である昭和大学横浜市北部病院の南淵明宏氏は次のように語る。

「自分でできない治療法は、選択肢として医者の頭の中にありません。たとえば心臓の疾患ではカテーテル治療がよく行われていますが、ほとんどカテーテルしかやらない医者は自分の術式しか選択肢にない。

患者が『手術のほうがいいんじゃないか』と訴えると、『いや大丈夫』と根拠なく言ってみたり、『もう一度カテーテルを入れ直してみましょう』と提案してみたりします。医者のエゴから、何度も効果の見えない治療を受けさせられている患者はたくさんいますよ」

医者の了見が狭いために治療の選択肢が否定されるようでは、患者としてはたまったものではない。




津田大照