日本や世界や宇宙の動向リンクより引用します。

------------------------
以下の記事の通り、長期間にわたるデータを見れば、ブローバリストによる二酸化炭素温暖化説がいかにでたらめであるかがわかります。

左翼=共産主義=社会主義=NWO推進グローバリストが二酸化炭素を温暖化や気象変動の原因に仕立て上げる理由は、先進国から炭素税を巻き上げ大儲けができるのと、先進国を貧困にすることで誰もNWOに抵抗できなくなるからです。一国の経済力は軍事力であり国防力でもあります。国防力が弱まれば、NWO独裁者に簡単に侵略されます。

また、先進国の人々が貧困になれば権威に対して何の抵抗もできなくなります。統制しやすくなります。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ

先進国に二酸化炭素削減を強要する国連はなぜ世界一の汚染大国の中国を責めることをしないのでしょうか。国連では中国は後進国として多めに見られているのでしょうね。何しろ、国連も中国や左翼に乗っ取られてしまっていますから。

グローバリストが示す温暖化データにはトリックがあります。長期間のデータを見れば、この数十年間で人間が作り出す二酸化炭素が急増したことで気温も急上昇しているというグローバリストの嘘がバレます。

彼等は都合の良いデータだけを切り取って世界に示しています。本当に何を考えているのか。。。こんなことは必ず後でバレますよね。

太陽活動が活発になると地球に到達する宇宙線の量が増え雲の量が増え天候が荒れます。気温上昇は氷河期のピークから徐々に上昇しているようです。

自然の周期であるなら、そのうち氷河期に向かって気温が低下しているのでしょうか。

また、グローバリストが使っている地球工学では、増えた雲をかき回して悪天候をもたらしたり空に穴を開けたりしているのでしょうね。それとケムトレイルで大気を汚染していますし。。。地球をめちゃくちゃにしているのは彼等です。

地球工学が使われなければ、雲が増えているとしても、天候はもっと穏やかなはずでしょう。

リンク
(概要)
10月1日付け

MishTalk (マイク・シェッドロック氏 Mike Shedlock)曰く、
気候変動のアラーミスト(大げさに騒ぎ立てている人たち)は、今すぐ何らかの行動に出なければならないと大衆を説得し続けていますが、彼等が提示しているデータがごまかしであることを暴くのは簡単です。

(以下、リンクにて図、グラフを参照ください)



匿名希望