小保方晴子さんといえば、STAP細胞の件で一躍有名人になりましたね。その後論文の不正が発覚し、現在は表舞台から姿を消しています。
そんな小保方晴子さんの現在は、どうなっているのでしょうか。

以下、リンク より転載。
2014年1月に、ネイチャーという雑誌にSTAP細胞の論文を掲載し「リケジョの星」として一躍有名になります。しかしその論文に不正があったり、研究自体にも不正があったという疑惑が浮上し、現在は理化学研究所を辞めています。

4月8日の釈明記者会見で、「STAP細胞はあります!」「200回以上の作製にも成功しました」と言い、不正は全く無かった事を主張していたのが懐かしいですね…。

それではそんな小保方晴子さんの最近の姿をチェックしていきます。

■小保方晴子の現在の姿は別人みたい?
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
小保方晴子さんは、長らく表舞台から姿を消していましたが、最近雑誌のグラビアに久しぶりに登場しています。その姿が、以前STAP細胞で脚光を浴びていたころとは別人ではないか、と話題になっています。

とてもきれいになっていてびっくりです!

まず、痩せて顔がとてもシャープになりました。メイクもきちんとされていて、とても大人っぽい印象です。言われなければ、小保方晴子さんだとは気づかないかもしれません。

ちなみに上の写真集で小保方晴子さんが着ているのはグッチの新作ワンピースです。こちらのワンピース、お値段は実に21万3840円・・・。こんな高いワンピースが買えるなんて、とてもお金持ちなのでしょうか。

■小保方晴子の家族離散の現状や旦那との関係もチェック
現在の小保方晴子さんはいったいどんな生活をしているのでしょうか。

まず、STAP細胞の一件があってから、家族は離散してしまったという噂が広まりました。父の小保方一夫さんは、東大卒で元三菱商事というエリート。母の稔子さんは、大学の教授という、エリート一家で育った小保方晴子さん。

騒動後、母親と小保方晴子は二人暮らしをしているという噂があり、今もまだ精神的に不安定な小保方晴子さんのサポートをしていると言われています。

また、小保方晴子さんは結婚しておらず独身です。騒動後にうつ病を発症し、通院以外はあまり外出もしていないようです。

しかし、著書を出版し雑誌に記事の連載をするなど、文筆家として活動しています。まだSTAP細胞はあると信じているそうなので、また研究をしたり、違う分野で活躍していくかもしれませんね。

■まとめ:小保方晴子の現在(2019)のグラビア写真は別人みたい!?家族離散や旦那との関係も調査

皆さんは小保方晴子さんの現在の姿を見てどう思われましたか?

「個人的には綺麗になってそれなりに楽しく暮らしているのでは?」と思っています。まぁSTAP細胞の件はありましたが、研究者としては割と優秀なだと思うので、今後の活躍に注目ですね!

まだ35歳ですし、これからですね!




日出・真田十勇士