リンク

日本語が昔から持っていた色の言葉



「あれは何色?」と言われたら、多くの人は「赤だね」とか「緑だよ」などと答えると思います。

しかし、歴史的に見てみると今のようにたくさんの色の名前を日本語が持つようになったのは、さほど古くないそうです。昔はどのように色の名前を使っていたのでしょうか。

ここでは、「日本語が昔から持っていた色の言葉」についてみていきたいと思います。
にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ
「〇〇い」が使える色の名前は4つしかない



皆さんがリンゴを説明するときには「赤いリンゴ」とか「青いリンゴ」などと言うと思います。色の名前は単体でも使いますし、形容詞(~いで終わる言葉)としても使います。

では、「緑」はどうでしょうか。「緑い葉っぱ」とは言わないですよね。

いやいや「黄」の場合には、「きいろい」と言うよ、というかもしれませんが、漢字で書くと「黄色い」で「色」という別の言葉が入っていることが分かります。「黄いレモン」とは言いませんね。

同じように「茶色い」とは言いますが、「茶い」とは言いません。

他の色の名前でも試してみると、色の名前単体でそこに「い」を付けられる言葉は実は4つしかありません。

「赤」、「青」、「黒」、「白」です。

この4つの色名には後ろにそのまま「い」を付けても自然に使えます。このことから、日本語で昔から使っていた色は「赤、青、黒、白」の4つだったのではないかと推測されるそうです。

でもこれだけだと少し証拠が足りないでしょうか。では、別の角度からも見てみましょう。
 

対になる表現があるのもこの4つだけ



対になる表現とは、例えば「紅白歌合戦」の時の「紅白」(赤白)のようなもののことです。
「赤」と「白」(紅白、赤白帽子など)
「赤」と「青」(赤鬼、青鬼など)
「黒」と「白」(囲碁などは白黒ですし、悪いことをしたときに「シロ・クロ」とも言います)

このような、反対の色を持つ言葉は、この4つ以外に日本語では存在しません。

さらに、「色の名前を重ねた副詞」があるのも、この4つの色だけです。副詞とは「名詞以外について、それをより詳しく説明する言葉」です。

例えば、「すぐに」などです。

「彼は来た」だけだと、いつ来たのか分かりませんが、「彼はすぐに来た」だと早く来たことが分かりますね。ここでは「来た」という動詞を「すぐに」という副詞がより詳しく説明しているのです。

本題に戻って色名を重ねた副詞についてみてみましょう。

この4つの色名を重ねた副詞とは、
「赤々と」
「青々と」
「白々と」(しらじらと)
「黒々と」

というものです。


「緑々」という言葉はありませんし、「黄々」というような言葉もありません。このようにこの4つの色は単純に色を表すだけではなく、様々な使い方がなされていました。

したがって、この4つの色がそれだけ長い歴史を持ち、当時の人々がこの4つの色名を巧みに操って自分の考えを伝えていたと考えることができる、というわけです。

では、昔の人はこの4つの色をどのように使っていたのでしょうか。

 
パート2へと続く




木戸康平